第5章 親友

「今日は遅かったわね~」


住まいの近くにある定食屋「松也」で親友の美智子と合流した。

「松也」は3年ほど前に駅の裏路地にオープンした、元漁師のご主人が営むお店で、かずみも美智子も開店当初から通っている。

いつも新鮮な魚介がそろっていて、特に度々メニューに加えられる〔おすすめ!旬の魚定食〕がどの季節もほっぺが落ちるほど美味しく仕上がっている。

夜10時まで営業しているのも、独身者にはありがたい。

かずみと美智子は週に3日はここで合流し、食事をしている。


「大将!旬の魚定食、お願いしますー!」
かずみはコートを脱ぎながら席に座った。

「うちの会社、来年から新卒採用を増やす方針なんだけど、その新人研修を任されちゃってね。いわゆる教育係ってやつ。でいろいろ調べてたら少し遅くなっちゃった。」

「お疲れ様~。気が付けば、かずみももう立派な先輩なんだね。
新人研修ってたいへんそうね~。わたしは中途だから、初日に配属部署の先輩がついてくれて、社内の各部署あいさつ回りと、日常業務の説明してくれて、ハイ!スタート!って感じだったわ。

その後は日々聞きながら覚えてきたけど、新卒の場合は、社内研修と社外研修やってから、ようやく業務開始みたい。」「わたしも今年から新人さんサポートする様に言われてるから、業務のあれこれは教えてるけど、あいさつとかマナーとか最低限のことは研修で覚えてきてくれているから、何にも言うことなし!なにしろ若さっていいわよね!アハハハハ」

美智子の前には焼酎のボトルが置いてあり、既に晩酌タイムが始まっていたようだった。

「社外研修・・・Off-JTかぁ・・・」

「うん、それそれ!、私も一度受けてみたいわぁ、アハハハハ」

美智子は3年前に大手広告会社を退職し、中小の製作会社に転職した。いくらか給料は減ってしまったようだが、今の方が断然のびのびしているように見える。

幼い時から発想力が豊だった美智子は、中学校の学習発表会の演劇台本を書き上げたことがった。つるとかめのお話を面白く描き、最終的に感動する物語だった。

同じクラスだったかずみは、美智子からの希望でそのナレーション役を務めた。

放課後に皆で発表の成功を喜んでいた時と、同じ笑顔をした美智子がここにいる。
かずみはお茶を一口飲むと、なんだか今日の疲れから解放されたような気持ちになった。

「はい、お待ち!おすすめ定食だよ。本日はカレイの煮つけ―!」

(注)
この小説はフィクションです。
実在の人物や企業とは一切関係ありません。