本文へスキップ

スタートアップ、起業は一冊のノートから始めなさい

電話でのお問い合わせはTEL.03-5535-3176

〒107-0052 東京都港区赤坂2-8-14 ラミアール赤坂205

> なぜ一冊のノートから始めるのか?

なぜ一冊のノートから始めるのか?program

ノートをつけることによる効果は、主に3つ

ノートをつけることによる効果は、主に3つあります。
1つは、頭でモヤモヤと考えていることを文字で可視化することによって、思考が整理できることです。
起業を考えていると、多くのアイデアが浮かんできますが、それを書いて冷静に見返すという作業を繰り返すと、
使えるか使えないかが判断できるようになります。また、多くの自己啓発の書籍などに書いてあるように、
「目標は書くことによって実現する」ということもいえます。

2つ目は、起業準備に関する情報を一元化することによって、不足しているスキルやノウハウが
明確になるということです。起業してしまうと、忙しくなり、スキルアップのための時間がとりづらくなります。
できるだけ準備段階で、事業運営のために必要なスキルとノウハウを身につけておくことが重要です。

3つ目は、起業準備の進捗状況を確認できるということです。
起業を実現するためには、計画的にさまざまな行動を起こすことが必要ですが、
今どこまでできているのかをチェックすることによって、着実に起業実現に近づくことができるのです。

最近は、記録するツールとして、紙のノートではなくパソコンやiPadなどのIT機器を活用する人も増えていますが、
私は手書きのノートがもっとも有効だと考えています。なぜなら、自分の手で文字を書くという行為が
脳の活性化につながり、クリエイティブな発想が生まれやすいからです。

iPadやスマホのアプリには、手書きでメモが書けるものもありますが、使い勝手はノートのほうが勝ります。
さらに、手書きのノートにはデジタルツールにない優位性があります。それは、あとで見返した場合に、
書いたときの気持ちをまざまざと思い出させてくれるということです。

実は、起業に関しては、この「気持ち」、つまりマインドの保ち方がとても重要な要素になります。
起業に二の足を踏む原因の1つが、「失敗して路頭に迷ってしまったらどうしよう」
というような不安ですよね。起業準備の過程では、不安と、起業への熱い思いが交錯して、
悩んでしまう日々が続くものです。その気持ちの葛藤を乗り越えた人だけが、
起業という夢を実現することができます。

さらに、起業したあとも、常に高いモチベーションを保つことが、
事業を継続するカギとなります。だからこそ起業準備では、ノートを活用し、
手書きの文字を通じて自分の気持ちを整理することが非常に有効なのです。